足の臭いの元は何?足の臭いの成分について

足の臭い

足の臭いの成分とは!?イソ吉草酸が関係していた

「足の臭いは何でこんなに臭いの!?」
と、思ったことはありませんか?

でも考えてもみて下さい。
その、足の臭いは貴方の体から発散しているのです。

つまり、貴方の体から出てきた物で作られているのです。

この記事では、そんな足の臭いの発生の原因と、足の臭いの元となる成分について解説していきます。

足の臭いの原因成分

イソ吉草酸
足の臭いの原因成分は
「イソ吉草酸」です。
いそきっそうさんと読みます。

殆どの方が聞いたことが無い成分だと思います。
しかし、このイソ吉草酸は、貴方の足で頻繁に生まれている成分なのです。

イソ吉草酸はどうやってできるの?

では、足の臭いの原因となるイソ吉草酸はどうやってできるのでしょうか?
ここでは、その生成過程を解説します。

イソ吉草酸ができるのには、汗と皮脂、雑菌が必要です。
足から汗を発汗すると、発汗された汗と皮脂を栄養として、雑菌が増殖を始めます。
そして、雑菌は増殖した際に、栄養として利用した汗や皮脂の残りを排出します。

これが足の臭いの元となる「イソ吉草酸」なのです。
つまり、このイソ吉草酸は雑菌の増殖過程で排出される老廃物なのです。

イソ吉草酸を発生させないためには?

足の臭いの元となるイソ吉草酸の発生を抑制することができれば、足の臭いは抑制されます。
そのためには、イソ吉草酸の発生に必要不可欠な、汗、皮脂、雑菌のどれかを排除することが効果的です。

この中で皮脂は、自然と体内から代謝されるので、効果的な排除は難しいのですが、動物性たんぱく質を多く含む食材を避けることで、皮脂の代謝を減らすことはできます。

そして、汗と雑菌は効果的な排除が可能です。

汗は制汗剤を使うことで発汗を抑制することができます。
特に、汗を抑えてくれる成分、塩化アルミニウムを配合している制汗剤がおすすめです。
そして、塩化アルミニウムを配合している制汗剤で有名なのが、デトランスαです。
私も使用していますが、汗を抑えるならデトランスαを使うのが一番効果的だと思います。

また、雑菌を抑えるのならば、除菌タイプのウェットティッシュで足を拭くのが効果的でしょう。
ですが、外出先などではウェットティッシュで足を拭くことは困難なこともあると思いますので、その際は抗菌タイプのインソール(中敷き)を靴に入れておく事で対応するのが良いと思います。
抗菌タイプのインソールで有名なのが菌ピタ君です。
口コミの評判も良く足の臭いを抑えてくれる優れものです。

足の臭いが気になるのなら、これらの方法を試してみるのが良いと思います。

足の臭いの元は何?足の臭いの成分についてまとめ

まとめ
足の臭いの元となるイソ吉草酸は、意識しないと足に自然と発生してしまう厄介な存在ですが、その発生プロセスを理解して対策を行えば、抑え込むことはできます。

是非、足の臭いが気になる方は、ここで紹介した方法を参考に、イソ吉草酸対策を行って頂きたいと思っています。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。