侮ってはダメ!足が臭いと考えられる病気とは?

足の臭い病気

足の臭いが臭いと考えられる病気の種類

足が臭いということを、たかが足の臭いと侮ってはいませんか?

実は足の臭いは、病気の症状によって引き起こされていることがあります。
もし、病気によって足の臭いが引き起こされているのなら、そのままを放っておくと病気が進行し、その後辛い思いをすることになるかもしれません。

この記事では、そんな足の臭いを引き起こす病気について解説していきます。
もし、思い当たる所があるようでしたら、早めに病院に行くことをオススメします。

足の臭いを引き起こす病気

ここでは、足の臭いを引き起こす病気について紹介していきます。

・水虫

水虫が足にできると、水虫によって足の皮膚の表面がじゅくじゅくになります。

そして、このじゅくじゅくした状態は、足の臭いの原因となる雑菌が増殖し易い環境であり、雑菌が増殖し易いということは、それだけ足の臭いが強くなり易いということです。

この状態は、水虫が治らない限り、状況は改善しないので、足が水虫の方が足の臭いを改善しようと思ったら、まずは水虫を治療することから始めるのが良いでしょう。

・多汗症

足の多汗症を発症すると、足に汗が大量に分泌されるようになり、それによって足の臭いの原因となる、皮脂や汗が足に多くなります。

皮脂や汗が多くなる程、足の臭いの原因となる雑菌の増殖が活発になるので、足の臭いが強くなります。

もし、気温や季節に関係無く、常に大量の汗が発汗されるようなら、多汗症を疑ってみても良いと思います。

多汗症は、自律神経が原因で発症することが多く、自宅で治すことは難しいので、思い当たる方は医療機関に相談に行くのが良いでしょう。

・糖尿病や内臓系疾患

糖尿病を発症すると、汗が甘ったるい臭いになります。

そして、足の汗も甘ったるい臭いになるので、足の臭いも甘ったるい臭いになります。

糖尿病により、汗から臭いがする状態は非常に危険な状態なので、足の臭いが甘ったるい臭いだな、と感じた方は速やかに医療機関に相談に行くことをオススメします。

また、糖尿病だけでなく内臓系疾患を発症し、その症状が進むと、汗から独特な臭いがするようにもなります。

そのため、もし汗から普段と違う臭いを感じたら、とりあえず、医療機関に相談に行くのが良いと思います。

侮ってはダメ!足が臭いと考えられる病気とは?まとめ

まとめ
足の臭いを引き起こす病気を解説してきました。

たかが足の臭いと思わずに、足の臭いが強くなったり、変化したり、余りに長期間続くようなら医療機関に相談に行くことを検討しても良いと思います。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。