足の臭いは子供に遺伝する?

足の臭いは遺伝するのか!?

身長の高低、顔の輪郭、手足の形、髪の生え方など、様々な要素は親から子へと受け継がれて行きます。
そして、この遺伝の要素には足の臭いも含まれるのではないか?
という、恐ろしい内容がネット上に流れています。

これは果たして本当なのでしょうか?
この記事では、そんな足の臭いが遺伝する、という内容の真実を考察していきます。

そもそも、足の臭いとは?

そもそも、足の臭いは汗と皮脂を足に住み着いている雑菌が分解し、増殖する過程で発生します。

そのため、遺伝的に何らかの理由によって、汗や皮脂が多くなる方は、足の臭いが強くなると言えます。

足の臭いに関係する遺伝する要素とは?

足の臭いに関係する遺伝的要素は、汗と皮脂が多くなること、だと推測できますが、汗や皮脂が遺伝的要素によって増えることは少なく、精々汗っかき?くらいだと考えられます。

そのため、遺伝的要素によって足の臭いが親から子へと受け継がれていくことは可能性は低いと思います。

遺伝する臭いの要素

足の臭いは遺伝することは無いと思いますが、体臭が遺伝することはあります。

それは体臭で有名な「ワキガ」です。
ワキガは遺伝で親から子へと受け継がれていくことが知られており、親族にワキガの方がいると高い確率で、子や孫にワキガが受け継がれます。
参考:ワキガが子供に遺伝する確率について

昔はワキガに対する効果的な治療は限られていましたが、現代では研究が進み様々な治療方法ができてきました。

足の臭いは子供に遺伝する?まとめ

まとめ
考察を重ねてきましたが、遺伝で足の臭いが受け継がれる可能性は低いと考えられます。

そのため、親と子供両方の足が臭い場合は、遺伝による原因ではなく、毎日の習慣から足の臭いが発生していると考えられます。
足の臭いはできるだけ、早い段階で足の臭いを抑える対策を行った方が良いでしょう。

余り長い間臭い足を放っておくと、水虫を発症したり、足の臭いの元となる雑菌が靴やスリッパに移り住み、足の臭いを抑えることが難しくなります。
そのため、足の臭いには、早め早めに対策を行うのが良いでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。