足の臭いに効果的な食べ物とNGな食べ物はコレ!

和食

足の臭いに効果的な食べ物と臭いを強めてしまう食べ物について

「足の臭いは食べ物によって変わる」
と、聞いたら貴方は信じますか?

実はこれ、あながち的外れでもないのです。
毎日食べるアノ食材が実は貴方の足の臭いを強めている、のかもしれません

この記事では、そんな足の臭いを抑制する食べ物について解説していきます。

足の臭い対策となる食べ物

足の臭いを抑制する食材は「緑黄色野菜」「大豆製品」と言われています。
これは、臭いを抑えるビタミンやミネラルを多く含むからです。

また、玄米や魚といった和食中心の食生活は、足だけでなく、体の体臭を抑制してくれます。
これらのことから、足の臭いを抑制するのなら、緑黄色野菜や大豆製品を意識して摂取し、食生活は和食を中心に構成していくのが良いでしょう。

足の臭いを強めてしまう食材

実は、食材によっては、足の臭いを強めてしまう物もあります。
それは「肉」「乳製品」「卵」といった動物性たんぱく質を多く含む食材です。
動物性たんぱく質を多く摂取すると、自然と皮脂の代謝が増えます。

そして、皮脂の代謝が増えることで、皮脂と汗を分解して足の臭いを発生させる雑菌の活動が活発になり、足の臭いが強くなるのです。
そのため、足の臭いを抑えたいのなら、動物性たんぱく質を多く含む食材は避けた方が良いでしょう。

また、野菜の中でも、ニラやニンニクなどの臭いの強い食材は、その臭い成分が皮膚からも発散されるので、臭いが強くなります。
野菜なら、なんでも良いだろうと思わずに、臭いの強い野菜は、足の臭いが気になるのなら、避けた方が良いでしょう。
臭いの元たばことアルコール
また、食材だけでなく、タバコやアルコール飲料も足の臭いを強めてしまいます。

タバコはタバコに含まれるニコチンがリラックス効果と共に発汗を促します。
そして、発汗が多くなると足の臭いの元となる雑菌の増殖が活発になり、足の臭いが強くなるのです。。

そして、アルコール飲料は、摂取後に体内で分解されて後に、口や皮膚からも発散されます。

そのため、体全体的の臭いが強くなるのです。
足の臭いが気になるのなら、タバコやアルコール飲料も避けた方が良いでしょう。

足の臭いに効果的な食べ物とNGな食べ物はコレ!まとめ

足の臭いには、緑黄色野菜や大豆製品をメインにした和食が効果的です。
ただ、そればかりではストレスが溜まり、ストレスによって足の臭いが強くなることも考えられます。
そのため、足の臭いに良い!といっても無理に推し進めるのではなく、徐々に意識して変えていくのが良いと思います。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。