ブーツを履くと足が臭い!ブーツの臭い徹底解説

ブーツの足の臭い対策を徹底解説します。

「何故だろう、ブーツを履いた日は足が臭くなる」と、思っている方は多いのではないでしょうか?

実は、ブーツは様々な理由から足が臭くなり易い靴です。
そのため、特に臭い対策をせずにブーツを履いていると、どうしても足が臭くなってしまいます。
この記事では、ブーツを履くと足が臭くなり易い理由と、それを予防するブーツの足の臭い対策を解説していきます。

何故ブーツを履くと足が臭くなるの?

足が臭くなるのは、足に住み着いている雑菌が足の汗と皮脂を栄養にして増殖する過程で、臭いの元となる物質を排出することが原因です。
そして、雑菌が活発に増殖を始めるのには、有る程度の温度と湿度が必要です。

皆様もご存じの通りブーツのほとんどは汗を通し難い素材でできています。

そのため、ブーツを履いている時に足から発汗すると、その足から出た汗や熱は外に逃げることができないので、ブーツの中の温度と湿度は高まり、雑菌が増殖し易い環境になるのです。

そして、雑菌が増殖し易い環境になるということは、足の臭いが、どんどん強くなる、ということです。
これが、ブーツを履くと足が臭くなり易い理由です。

これで安心!ブーツの足の臭い対策を紹介します。

ブーツの足の臭いを予防するには

①汗を抑える方法
②雑菌の増殖を抑える方法

の2つが効果的です。

①汗を抑える方法

足からの発汗を抑えることで、雑菌の増殖に必要な栄養と湿度を抑制し、ブーツによる足の臭いを防ぐことができます。
具体的には、制汗剤を使用することで足汗の発生を抑制することができます。

特に、制汗剤の中でも、医療用として汗の抑制の際に使われる程効果がある、塩化アルミニウムが配合されている制汗剤がオススメです。
塩化アルミニウムを配合した制汗剤は余り数多く販売されていなく限られてきますが、その中でもデトランスαが群を抜いて使えると思います。
足汗を徹底的に抑えたいならデトランスαを使ってみてください。

②雑菌の増殖を抑える方法

雑菌の増殖を抑える方法はいくつかありますが、ブーツの中に抗菌用のインソール(中敷き)を使うことで、足の臭いの元を作り出す雑菌の増殖を抑制し、足の臭いを予防することができます。
有名な消臭・抗菌インソールと言えば、菌ピタ君でしょう。

また、ミョウバンスプレーを使うのも効果的です。
ミョウバンには、殺菌作用や消臭作用がありますので足の臭い対策には効果的です。
ミョウバンスプレーは近くのドラッグストアやネット通販でも手軽に手に入りますが、自分で格安に作ることもできますので、お金をなるべくかけたくないという方はご自分で作ってみてはいかがでしょうか?
こちらに、ミョウバンスプレーの作り方が載っています。
画像付きで簡単!ミョウバン水とミョウバンスプレーの作り方!

また、同じブーツを連日履くとブーツの中に雑菌が移り、そして、ブーツの中に雑菌が住み着くようになり、足の臭いがより強力になります。
そのため、できることなら、ブーツを複数用意して連日同じブーツを履かないようにするのが良いでしょう。

ブーツでも安心!ブーツを履いた時の足の臭い対策はコレ!まとめ

まとめ
ブーツは足が臭くなり易い靴です。

しかし、しっかりと対策を行えば臭いを抑えることができます。
ブーツによる足の臭いに悩んでいるのなら、是非、ここで紹介した方法を実施してみて下さい。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。