足の臭いの原因は蒸れ・皮脂・雑菌この3つ!

足の臭い

足の臭いは蒸れることで酷くなる!

夏場や歩き回った日には「何だか今日は足が蒸れてじっとりするな」と、感じることがあると思います。
何気なく感じるこの「蒸れる」という感覚は、実は足の臭いに深く関係しています。
この記事では、そんな普段何気なく感じる「足の蒸れ」「足の臭い」の関係について解説していきます。

足の蒸れと臭いの関係

実は、足が蒸れている状態が長くなる程、足の臭いは強くなっていきます。
つまり、足の蒸れは足の臭いに深い関係があるのです。

・深い関係とは?

足の臭いは、足に一定の条件が揃った時に発生します。

その条件とは、汗、皮脂、雑菌の3つです。

そして、この3つの条件が揃い、靴の中の温度と湿度が一定以上になると、雑菌が汗と皮脂を分解し始め、足の臭いの元となる物質を作り出します。

そして「足が蒸れている」と感じる状態は、まさに雑菌が足の臭いの元を作り出す際に最適な条件が揃った状態なのです。
これが、足の蒸れと足の臭いの関係です。

足の蒸れによる臭いを防ぐには?

蒸れを防ぐには
ここでは、足の蒸れによる臭いを防ぐ方法をご紹介します。

・足の蒸れを避ける方法

この方法は、足の臭いが作られる、足が蒸れている状態を出来るだけ避ける方法です。

例えば

蒸れ易い革靴やブーツを避け、通気性の良い靴を用意する

余り長時間歩き回らない様にする

といった方法を取ることで、足の蒸れを防ぎ、足の臭いを防ぐことができます。

・防臭剤を使う方法

靴に防臭剤を使うことで、足の臭いの元を作り出す、雑菌の活動を抑制し、足の臭いを防ぐことができます。

・足を清潔に保つ方法

足の臭いの元となる雑菌は、足を清潔に保つことで、減らすことができます。そして、雑菌の数を減らせば、その分足の臭いを防ぐことができます

具体的には、体を洗う際に、足の指の間もしっかりと洗い、そして、しっかりと乾かすことです。

これをしっかりとやるだけでも、足の臭いは大分変わると思います。

足の臭いの原因は蒸れ・皮脂・雑菌この3つ!まとめ
まとめ
足の蒸れは足の臭いを発生させる原因になります。

足の臭いを防ぐためには、できるだけ足が蒸れる状態を避けた方が良いですが、仕事や生活習慣の都合で、どうしても、蒸れしまう方もいると思います。

そんな方は、ここで紹介した足の臭いを予防する方法を、是非試してみてください。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。