足の臭いと脇(ワキガ)の臭いの原因の違いについて

ワキガ

足汗がひどくて足の臭いがきつい人は、ワキガにもなりやすい!?

足汗がひどいと、それによって足の臭いが発生します。

そして、足の臭いと同じくらい臭いの悩みが多いのが脇の臭いです。

実は、この両者の臭いの原因は同じです。

ですが、脇の臭いの代表のワキガは、また別の原因です。

この記事では、そんな足や脇の臭いと原因の違いについて解説していきます。

足の臭いと脇の臭いの原因は?

足の臭いと脇の臭いの原因は、皮膚に住み着く常在菌です。

この常在菌は、人間の皮膚のどこにでも住み着いているのですが、何故、足や脇だけ汗をかくと臭いがするのか?というと、この常在菌は、普段は臭いを出さないのですが、常在菌が増殖するときに副産物として臭いを出します。
つまり、あの足や脇の臭いは常在菌が増殖していることを意味しています。

それでは、常在菌はどんなときに増殖するのでしょうか?

常在菌が増えるのには、3つの条件が必要です。それは、適度な温度適度な湿度、そして栄養です。

そして、この3つが揃うのが、足や脇なのです。

常在菌による臭いを予防するには、湿度と栄養の元になる汗を抑制することが有効です。

汗を抑制するお勧めの方法は制汗剤を使用することです。

適切に制汗剤を使用すれば、汗と共に足や脇の臭いを予防することができます。

ワキガの臭いの原因は?

ワキガの臭いの原因は、足や脇の臭いの原因とは、また少し違う理由です。

ワキガの臭いを知っている方なら、足や脇の臭いと、ワキガの臭いがまったくの別物なのはご存知だと思います。

ワキガの臭いは、本当にガツンとくる臭いです。

そして、このワキガの原因は「アポクリン汗腺」と呼ばれる汗腺から分泌される汗が深く関わっています。

このアポクリン汗腺は、持っている人と持っていない人がいます。
そして、このアポクリン汗腺を持っている人がワキガなのです。

アポクリン汗腺から発汗される汗は、タンパク質や脂質が多く含まれています。
その汗を常在菌が分解することで
ワキガの臭いが発生します。

足や脇の臭いとは違い、ワキガの臭いを予防することは難しく、制汗剤を利用しても臭いを完全に防ぐことは難しいです。

ワキガの臭いを予防するには、医師の助けを借りるのが良いと思います。

まとめ

まとめ
足汗がひどいと足の臭いも強くなる傾向があります。
そして、足の臭いが強いと、脇の臭いも強くなる傾向にあります。

そのためなのか、足の臭いが強く、更に、脇の臭いがすると「もしかしたら、ワキガなのか?」と誤解されることがありますが、足の臭いとワキガの臭いの原因は違うので、直接の関係はありません。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。